酵素ドリンクって、けっこうお値段が高いので手作りで酵素ドリンクを作る方もいるようです。手作りドリンクで、発酵が腐敗になってしまう方もいるようでこれは注意したいですよね。

腐敗している場合はアンモニア臭がします。
夏場と冬場で発酵の進み具合が違います。気温を考える事が必要なようです。夏場などは、発酵停止の為に、様子を見て冷蔵庫に入れても良いようでよね。

味ですが、色々混ぜて、ニンニクなどを入れると飲みにくい味になってしまうこともあるとか…
なのでリンゴなど単品で作る方が良いようです。

肌の事を考えるのであれば、人参で酵素ドリンクを作ると良いという人もいます。免疫力アップやアンチエイジングにはマンゴー、ダイエットにはバナナが良いようですね。
そして、容器内のカビに関しては、きちんと殺菌してから使いましょう。発酵するとガスが容器の中に溜まるので蓋は最初から緩めにしておいた方が良いようです。
ではでは簡単なレシピです。

材料:リンゴ 1個、2個
同量の砂糖。オリゴ糖がお勧めです。

①リンゴを洗い、すりおろします。
②保存容器にリンゴを入れて、砂糖を入れます。
③手で混ぜます。
④常温で1週間くらい発酵させます。
ただし、夏の季節は様子を見てから必要であれば冷蔵庫に移しましょう。

⑤1日1回容器を振ります。
気になる方は、リンゴのカスをこして飲みましょう。
④の部分で、気温の様子をみつつなので毎日きちんとチェックしたいですね。

③に関しては、石鹸で洗った素手が良いそうです。
自分の菌が酵素ドリンクに入るので、完成して飲む時に体になじむそうですよ。
手作りを楽しみましょうね♪。

自分で作るのが面倒な場合はシッカリ熟成している既成品を購入したほうが早いです^^千年酵素なんてどうでしょうか?